怪徴の章 おろし!! #05 †どぶおちろの噂†

--------------------------

 風が吹く夜。
スーパーヤミズイ付近、人の通る気配がない。
あまりにも寒い今夜、『どぶおちろ』は排水溝のふたの穴から辺りを見渡していた。

そう、あの、小さな排水溝の穴から、まるでヘドロのように、
ブジュルブジュルと湧き出て、形を宿らせる。
遠くから見れば、頭だけが、道路上からヒョコッと出ている感じに見えるだろう。
とくに、今夜みたいな、寒い夜には、ハッキリと姿が見えると言われている。
この不思議な化け物、『どうおちろ』の容姿はというと、
頭には、毛がさほど生えて無く、頭皮は皺皺で、
歯という歯は、ほとんど抜け落ち、
前歯が、申し訳なさそうに一本だけぶら下がっているという汚い口をしている。
その不格好な口内から、ヒーヒーという、湿気まじりの呼吸音をもらし、
よだれのような泥を口から出している。
そう、まるで年老いた老人のような顔つきの化け物である。
その化け物の目はというと、千切りダイコンのように、細く、
皺と区別することができないぐらいである。
ゆえに、何を考えているのかが判断しにくい化け物であるといえる。

そんな化け物、『どぶおちろ』は、昔、ヘドロでいっぱいのドブ、
溝に落ちて死んだしまった浮浪者が、化けて出たといわれている・・・
この街では有名な怪奇である・・・
昼間は、薄暗いヘドロの中にいて、姿を見せる事はないが、夜が来ると、酒を呑んだ人間、
足元がフラ付いている人間を、ドブ、溝に引きずり込み、溺死させるという。
それは、それは恐ろしい化け物で、年間、数えきれない人間、
溝にはまって死ぬといった事件が、この街ではフンダンに起こっているのだ。
この地域の道路の下には、大きな排水溝があって、
何百匹も居るという、どぶおちろの絶好の住みかになっていると言われている。
そして溺死させた人間、獲物のほとんどが、まだ浮かび上がらずそこに貯蓄されるという・・・
彼らの食料・・・または・・・

s嬢はちゃんとロケハンし(笑)イズミヤ付近の道路の排水溝のフタの位置などから
大きな排水溝がある事を、ほぼ確かめてから書いたらしい(笑)

そして今夜、そのどぶおちろの皺くちゃの白い手、何百本とも言える数の手が、
溝板の穴からヌ〜っと出ている・・・・
それは、まるで、海中のイソギンチャクのように、フワフワと・・・
その手で、獲物を探している。近寄る人間の、アルコール臭を求めて・・・
そして、恰好の獲物を見つけると・・・
いっせいに、足に掴みかかっていき、そして溝に引きずりこむのだろう・・・
そう、まるで河童のように、しかし、河童ではない・・・それとは違う化け物。
そのような物が、このイズミヤ付近に出没している・・・のだ。

---深夜、いっせいに、溝穴から首だけを出している化け物を想像してほしい・・・
それは、おろしと言えよう・・・
しかし、その想像が、彼女の好奇心という蝋燭に、火をともすことになろうとは・・・
高足 痢煙の好奇心は尋常ではない・・・そんな事ないもん(笑)

やはり、痢煙は、恐怖手紙に書いてあったとおり、予言どおりに、どぶおちろに興味を抱き、
このイズミヤ付近を散策し、恐怖レポートたるものを記述しはじめた・・・
それが、どんな結果を生んだのかは、
今回の恐怖手紙(特別深夜刊)に書かれている(はず)通りだ・・・

いや、散策してないし、書いてないってば(笑)

----------------------------------------------Mail †

2000.XX.XX(特別深夜刊)
『恐怖手紙(ポストペット対応)』
このメールを読むと寿命が50日縮まる。(特別価格です)
週にランダムに何通か送られる。
このメールは必ず読んでしまうようになっている。

●深夜特報 〜この街の化け物〜 
最近、怪奇現象が高足痢煙の周りで頻繁に起こっているらしい・・・
聞くところによると、御伽婆、釘女に憑依されかけ、シミーズの女、そして、
命を失いかけたシケモク女などの攻撃で、彼女はえらく(とても)心労気味である。
最近は、濡れ女に憑依されかけているが、この攻撃は、赤神氏の身代わり人形のおかげで
何も起こっていないらしい。なんとも運の良い事だ。
最近、病院で手に入れた入浴剤、高足痢煙は、このラベンダーの入浴剤を現在、使用している。
が、これが、もう使い切ってしまった・・・今は何を?・・・
このラベンダー入浴剤を使用していた時は、御伽婆は、一晩も現れなかった。
しかし、最近、別の脅威が近付いている。それは、入浴剤なら何でも大好きな、排水溝の住人、
『どぶおちろ』が、痢煙の身の回りに近付いてきている事を、まだ彼女は気がついていない。
この『どぶおちろ』、大坂の全排水溝のパイプを伝い、
気に入った家庭の風呂場に進入しているようだ。
それを、まだ知らないとは、おそろしい話である・・・しかし、いったい何してるんだか・・・
御伽婆は『のこり湯もらい』なのだが・・・
もし、河童の一種だったら、とっくに尻子玉を取られてるところだ。
彼女は今晩も知らずに・・・

●恐怖レポートするんだも〜ん♪(痢煙の日記を勝手に掲載しております。)
スーパーヤミズイ付近を散策したが、恐怖手紙の記事に載っていた、
『どぶおちろ』っていう化け物を発見することは出来なかった。
いったい、何物なんだろう・・・この化け物・・・見てみたいな・・・

いやだから、散策してないし、書いてないし(笑)

●殺意だ!!
あの高足 痢煙の『殺意』が今凄い勢いで全国に流れています。
これから、この殺意がどういう波紋になるのか楽しみです。
え?あの温厚な痢煙が?・・・って、思いの方が多いと思いますが、
彼女は真剣に、今キレているんです!

痢煙の友達が別れた男が酷い奴で、私は奴が大嫌いでですね。
もう別れたから関係ない人なので、「野たれ死んでくれても良いで〜」
って言ってたら、こんな事書かれました(笑)

●原因を探しています!!
最近、野たれ死にをする人、行方不明になる人が増えています。
この原因を掴むために、当局は懸命に妖怪ネット、神霊ネット、怪奇ネットを使い、
全国の殺人志向の化け物たちに呼びかけています。
『何故、殺すの?何故、食べないの?』
もう、すこしお待ち下さい、詳しい情報が入りしだい記事にします。

●通信販売
新発売!!『妖怪ペット2001』
妖怪がメールを送る!?
ぬらりひょん、かまいたち、ぬっぺっぽうなど、有名な妖怪が
あなたのデスクトップに現れ、メールを送ってくれる、とってもキュートな、
メールソフト販売中です!!お申し込みは
youkaipet@maile.die.jp にて承り中!!

<深夜特別刊なので、通常の\魂の半分です。>

よい、人生を・・・

----------------------------------------------Mail †

 高足 痢煙は憂鬱である。
いつもの長い髪が少しからまっている。
せっかく探索したというのに、結局どぶおちろに会えなかった・・・
という、ショックからではない・・・彼女の身に・・・

---真夜中、ふいに目覚めると、目の前に顔があった・・・
それはわたしの顔だった。
とても青白くまるで脂漏のような肌色、顔色をした、わたしだった・・・
その、目の前にいる、わたしの目と目が会う。
目をそらすと、目の前のわたしも同じ方向に目をそらす。
そう、まるで鏡のような顔が目の前にある・・・

「同じ・・・」彼女はいつもそうつぶやくのだ。

濡れ女、彼女の事をそう呼ぶ・・・
彼女は頭から水をかぶったように、全身が濡れている。
その彼女についた水滴が、痢煙の顔に落ちる・・・

ピトン・・・・ン・・

痢煙は、完全には目覚めてはいない。
だが、その水滴は、夢うつつの中から、彼女を現世にゆっくりと引き戻してゆく・・・
そして、忍び寄る恐怖は、じわじわと彼女の脳へと伝達する・・・

その時、携帯の着信音がなった。

プルルルルルルルルル・・・・

静寂を打ち消す瞬間だ。
痢煙は、イッキに目がさめ、電話をとる・・・

電話は、名古屋に住んでいる友人、"爪楊枝のアント"からだった。
アントはラーメンが、阿呆ほど大好きな、金髪ヘア−の外人である。
今夜(深夜)も、ラーメンを何杯食ったかという自慢話だった。

「オーハニー 今夜ハ沢山ラーメン食ベタヨー」

しばらく、そんな会話をし、痢煙は、電話を切った。

この「アント」にも、モデルが居ます。
痢煙の名古屋の友人で、いつもラーメンを食べていて、
ラーメンを食べると、連絡して来るという、面白い人なんですね。
でも金髪の外人ではなく、金髪の日本人ですが(笑)
s嬢も、彼の友人なので、良く知っているのです。

 痢煙は眠たい目をこすりながら周囲を見回した。

なんだ!?

ドボドボ・・・・ドボ・・・

気がつくと、部屋に大量に水が入り込んで来ている・・・
ドアの隙間から・・・鍵穴から・・・・
あっという間に部屋全体が水浸しになり、痢煙の膝のあたりまでの水位になった・・・
そして、鼻を刺す匂い、藻の腐った匂いが充満していく・・・広がってゆく・・・
嗚咽をこらえる・・・痢煙・・・屈みこむ・・・その時、痢煙の目に入るものがある!!

あの女の霊の全身が水面に写っている!!
すぐさま、天井を見上げる痢煙!!
その瞬間、落ちる濡れ女!!

ぐわっしゃーん!!

ビクっ!!

痢煙はパソコンの方を見た・・・

しかしパソコンは何の変化、起動もしていない・・・。

その、破壊音は、なんと自分の手の中の携帯からだった・・・

『もしかして・・携帯に・・恐怖・・が・・』

これが書かれた日、痢煙の携帯が新しくなり、ネットが出来る機種に
変わったんです。
それを掲示板に書いたら、早速それもネタに!

痢煙はしばらく携帯画面を見ていたが、もう一度、天井を見上げた・・
しかし、もうそこにはいない。
濡れ女は先程の音ともに消えたのか・・・たしか、天井から落下して・・・
わたしの身体を通り越し、水に落ちた・・・のか?・・

水面は波打っている・・・部屋の壁には、水が飛び散っていた・・・

----------------------------------------------Mail †
2000.xx.xx
『恐怖手紙(ロングメール対応)JIGOKU-PHONE』
このメールを読むと寿命が10日縮まる。(携帯だから格安!!)
週にランダムに何通か送られる。
このメールは必ず読んでしまうようになっている。

●お知らせ
恐怖手紙はJIGOKU−SKYに対応し、よりみなさんに情報を供養できるようになりました。
これからも、よろしくお願いします。

J-SKYじゃなくて「JIGOKU-SKY」なんですね(笑)

●赤神 丞 急病!!
赤神が風邪をひいてしまい、霊力減少。
そのため、高足 痢煙になんらかの影響が出始めています。
彼の守護により、外敵から守られていた痢煙ですが、丞の霊力減少というハプニングで、
これからの怪奇に関心がよせられる。当局も目がはなせません。

赤神氏お大事に。

赤神 丞のモデルの丞、この時すごい風邪をひいていました。

●どぶおちろの続報
高足 痢煙の個人情報が湯水経路でどぶおちろに知れてしまった!!
この、『どぶおちろ』という化け物は、水の記憶から情報を得ることができるという
奇怪な能力をもっている。
もし、入浴中などに、どぶおちろのことを少しでも考えたりすると、
その時に、湯舟から溢れたお湯が排水溝を伝って、どぶおちろに伝わり、
たくさんのどぶおちろを引き寄せるという・・・
だから、決して、入浴中に彼らの事を心で思ってはいけない・・・
思うと引き込まれる可能性がある・・・
彼らは噂好きだが、噂をされる(心で思う事も)を大変嫌うからである。
しかし、そんな事を知らずに、痢煙は持ち前の好奇心からか、
入浴中に『どぶおちろ』のことばかりを考えていた。
そのせいで、彼女は『どぶおちろの怒りを買い、
痢煙の心(プライバシー)がハッキングされてしまった。
現在、どぶおちろの中で、痢煙のプライバシーをネタに、大騒ぎしているそうだ。

やめてくれ(笑)

●霊供飢饉からのお知らせ
痢煙さま、心メールで契約証が送られてきましたので
後日、資料などお送りさせていただきます。
raiku@devil.die.jp/霊供飢饉

御利用はおおめに!!

----------------------------------------------Mail †

これが書かれた頃、私はs嬢に、
「霊供の魂の担保は、友達が別れた元彼にする」って言ってました(笑)

つづく・・・