錐女の章 おろし!! #11 † 一枚の写真 †

--------------------------

 赤神 丞の髪は、血に染まっていた。

赤神の髪が血に染まる。
これが書き込まれた数日前、丞は、元々赤い髪をさらに赤く染め直したんです。
それが元ネタだと思われます(笑)

恐山のフモトに、あの世とこの世の狭間ができたという情報を
先程、餓鬼を脅して得た。

『あの怪文書のとおりだ・・・』

そして、その餓鬼があまりにも気色悪く、それにしつこく付きまとうので、
カッとなって殴り殺したらしい。(成仏)
それで、赤神は血を浴びた・・・

赤神は、いつもより平静でいられない自分がもどかしかったが、
痢煙の魂の旋律を知る唯一の神宝『♭の眼球』の弦の響きが、
時間の経過と伴い、だんだんと弱まっていく実状に、
いつもの平静さ、冷徹さを保つことはできなかった。

『これは恋ではない・・』と、何度も自分に言い聞かせ、先を急ぐのであった。

赤神は恋をしている・・・その気持ちは、闘いには邪魔になるんでしょうか?

 

 

 冷たいコンクリートの部屋。

蛍光灯の明かりはなく、青白いトレース台の明かりのみが部屋を照らす。

陰ばかりの部屋・・・その、部屋の中央にあるデスクに男が居た・・・

フリーの報道カメラマン、死悶。
死悶(シモン)。モデルは痢煙の友人であり、人形首の写真を撮ってくれている
カメラマンの出原紫門(ではらしもん)という人物。
s嬢や丞とも仲の良い人で、なかなか良い味のある、s嬢のお気に入りの人です。


無精髭を生やした、一見クールな顔だちをした男に見えるが、クールではない。
しかも性格は極端で、まとめるならば、クールなエロス。
そうしておこう。
クールなエロス?・・・確かにエロスな人なんです(笑)
このあたりの描写は、全て本物ですね。
顔だちは端正なのに、性格はそうじゃない所とか(笑)


彼は眼鏡をかけている。その眼鏡の向こうにある瞳、視線は、
濃いグレイのレンズで遮断され、ほとんど、彼の視線をうかがう事ができない。

彼は硝子越しの世界を愛する人間。それ以外は、なんら興味を抱かない人間である。
そう彼は、ファインダー越しに見える映像にしか興味がないのである。

だから、カメラ、写真が大好きなのである。

ジジジジ・・・

暗闇の中から、一匹の羽虫が、彼の無造作にのびた髪、頭部に止まった。

しかし、彼は動かない。だから、羽虫も飛び立たない・・・

死悶は、何時間も止まったままでいる・・・何故?・・・

彼は無造作に書類が積み上げられた机に向かい、ある一枚の写真を眺めていた・・・

その写真、美しいといったような写真の類ではない。

傑作でもない。

ピントも微妙に合っていないような、ボツとよべる写真。

記事には、決して使えない写真。

彼はそれを、ただ眺めていた。

魂が吸い込まれたようにただ1点だけを・・・

これは匿名希望で送られてきた写真・・・

これに関しての説明は、只の一行のみ・・・

『近親相姦』

シモンは痢煙の掲示板に、次回の作品のコンセプトは「近親相姦だ!」と、
書いてたんですよ。
s嬢が反応しそうな題材やなって思ってたんですけど、
やっぱり反応してくれてます(笑)

 なんなのだろう・・・しかし、このパチカメでとられた写真は、
そのような、期待すべき映像ではない・・・

この写真に写っている者、
中学生なのだろうか・・・

少し深めにかぶった学生帽。

その帽子のつばが、顔に陰を落とし、その少年の表情はわからない。
身なりからいえば、たぶん、男の子、男子生徒である。

制服がこの男の子の体格とあっていない事から推測すると、新入生であろう。
入学式にでも撮った、ごく普通の写真。

その男の子の横に、三つ編みを結い、セーラー服を着た娘が写っている。
その子は、隣の男の子より背が高く、男の子の肩に手を置いて写っている。

恋人にしては、顔が似過ぎている。
姉と弟であろう。

そして先ほどの近親相姦という添え書き・・・姉と弟になる・・

しかし、この写真はいったい何を意味しているのであろうか。

ただ古くなって、色褪せたヘタクソな写真。

この写真が何故、わたし宛に送られてきたのだろうか?

報道に使えるのか?これが。

なんだ、近親相姦ってのは。ただの悪戯か?

それとも、この姉弟の秘密を知っている者からの暴露ネタ、タレコミ。

それとも彼女らへの嫌がらせなのか?子供の喧嘩?馬鹿げた話だ。

こんなのは相手にする方がおかしい・・・間違っている・・俺が・・・

死悶は初め相手にしていなかった。こういった写真は良くあるからだ。

芸能人だったら、最高のネタではあるが・・・これは・・・

一度は手から放そうとした。

だが、何気なくその写真を再び見つめた時に、

ガシっ!!

魂が何かに掴まれた・・・

死悶は、今も、この写真から目が放せないでいる・・・

この写真は、いったいなんなんだ・・・何が映っているというのだ・・・

死悶の眼は、彼らの後ろにある、校舎と思える建物、
その大きな、硝子窓に焦点が合っている。

なんだ、この写っているもの・・は・・・そればかりが、心にこだまする・・・

窓硝子に映る半透明な女性の姿。

はっきりと映ってはいるが、その女には、実態はなく、
まるで、その硝子の中に居るように見える。映り込んで居るのではない・・・

なによりも、彼女のパース(大きさ)が、その建物の前に居る姉弟のパースとは、
かなりといっていいほど違い、とても大きく、

ほとんど写真全体に映っているといったような、何ともいえない映像、写真になっている。

心霊写真?

合成か?

否、合成ではない・・・

フォログラムのように、女の眼と死悶の眼が合わさる・・・
死悶が写真を右斜下から見れば、女は視線を左斜に向ける・・
そう、どの角度からみても、何秒後かには、必ず視線が合わさるといったような・・・

その女は、三十路を超えたような顔つきで、
こちらを睨んでいるようで睨んでいないような表情をしていた。

死悶は、この写真の女性はもうこの世には生きてはいないような気がした。

ほとんど直感なのだが・・・

この女性から、何か異国の雰囲気を感じたのだ。
異国とは、霊界のことを指す・・・

女教師?いや、そのような堅実なイメージといったようなもの、
そのような感じにも得られた。

そう、死悶はこの不思議な写真、普段なら、別にたいしたものでもないのだが、
この奇妙な写真によって、死悶はこの世界の深みにはまっていったということは言うまでもない。

そして・・・

カシャッ・・ン・・ン・・ン

----------------------------------------------Mail †
2000.xx.xx
『恐怖手紙(ポストペット対応)』
このメールを読むと寿命が100日縮まる。
週にランダムに何通か送られる。
このメールは必ず読んでしまうようになっている。

●現在の痢煙は偽者!?
コメカミを打ち抜かれ、魂を連れ去られた痢煙。
その魂は三途の川を越え、その後、消息を絶つ。今だ、行方不明。

肉体の方は、赤神氏の身代わり人形のおかげで、
仮死状態のまま元旦を迎えることが出来た模様だ。

家族の誰もが心配していないのは、赤神の配慮のおかげである。
彼は彼女のために、痢煙等身大フィギュア人形
『痢煙姫マーク2〜おいたはダメよ♪〜』
このネーミングやめてくれ(笑)
を制作し、輔夢堕(HOMUDA)から盗みとったデータをもとに製作し、
最新AIと痢煙の思考プログラムを搭載。
事実上、人工知能(痢煙なみ)を搭載し、二足歩行を可能にした
次世代型のコピーロボット『痢煙姫マーク2〜おいたはダメよ♪〜』を
製作する事に成功したのだ。
その成功の影には『生贄の牡羊』「いけにえのおひつじ」なんでこんな
ネーミングなのか?それは痢煙が3月産まれで牡羊座だから。
要するに、痢煙いじめの団体らしいんですよ(笑)

という秘密結社が関係していることをつかんだ。
そして今回の製作関係者と見られる人物に、コンタクトを試みた。

その結果、気持良く取材に答えてくれたのは、裏組織に通じる
コードネーム『蛙微津斗1115』さんであった。
『アビット1115』この人物にもモデルが居ます。人形首を含めて
良くカラオケに遊びに行っている人で、みんなからは「アビー」と呼ばれて
いるので「アビット」なんていう名前に(笑)
実際に、システム構築や、プログラムを仕事にしている人です。

『ええ・・つくりましたよ・・え?難しかったって?・・フフ・・。
プログラムを作るのは簡単よ。基板とかは、アビが一声あげれば、
民草が作ってくれるのよ。え?民草って何かって?
あんた、なんも知らないの?民草ってのはアビの忠実な下僕達のこと。
それが世界に散らばってるの。ネット世界のことよ。
ちなみに、ここでは女言葉で書かれていますが、本人はノーマルです!
s嬢の妄想ですので・・・

まあ、三日もあればシステムからハードもなにもかもできたわ。
アビの仕事は何かって?それは痢煙のデータをAIに入力して、
より痢煙に近い者、存在にするのよ。
それがね、難しいのよ・・・
痢煙の性格はオカシイから、その "オカシイ" のを
どう入力するのかが問題なのよ・・・
s嬢に言われたくはない(笑)
仕上がり見てみてどう?
外見は赤神が作ってるからクリソツでしょ?
え?死語?なによ、うるさいわね。関係ないでしょう・・
んで、だから、難しいのよ・・・
知能指数も、おもいっきり下げなきゃダメでしょう。
わはは、失礼な!
はは。『蕎麦』って読めないんやもん。
?、そういうデータ、情報が上から届いたの。
アビはそのとおり、プログラム組んだだけ〜
「蕎麦」っていう漢字、痢煙はその漢字を見た事がなくて
読み方が分からなかったんですよ。
で、「『蕎麦』って『そば』みたいな気がする」って言ったんです(爆笑)
それをいつまでもネタにされているんです(笑)

でも、マテリアルが出来過ぎてるからねえ〜
もう、アインシュタイン並のAIだったのを、改造したのよ〜笑えるでしょ。

何故、そんな高いIQのベースを使ったのかって?
それはね・・・何故かっていうとね
なにを考えたのか、民草が張り切っちゃって、
アインシュタインレベルのを作っちゃったのよ。
ほんと、何かんがえてるのか・・・
そいつアインシュタイン愛好会会長のやつでさ〜
命って左手にね、鉛筆刺青してるのよ〜つまり、ペンシルタトゥってやつ?

今どき、そんなん居るって感じでしょ〜でも居るのよね。
そうそう、舌出したりしてんのよ。いつも〜
きしょいでしょ?
え?
あんたも好きって?
やめてよ〜。

んで話をもとに戻すと、痢煙の〜あのボケプログラムは非常に難しかったので
ダミープログラムを入れといたのよ。
周りが警戒したら、酒を飲むようにね。
つまり、酔えばそのへんの "ごまかし" も許されるでしょう。
バグ動作もね〜
今ごろ酒飲んでたりして。
飲んでたよ・・・
ん?またなんかあったら宜しくって?
いいよ。いつでもコンタクトしてくれ!まってるから〜
アビ〜んっ!!』
アビーさん、すっごく端正な容姿なんです。まるでホストのような。
だけど、好きなものが「ドリフ」だったり、カラオケで歌うのは
気の抜けるような可笑しい歌だったり。寡黙な人なので
そのまま黙っていたら、ものすごくクールなのに、中身は面白い
とっても良い味出してる人物なんです。
「アビ〜んっ」
っていうのはきっと、「アイ〜ん」の事でしょうね(笑)

蛙微津斗1115さんとのコンタクトで、痢煙は最新の技術によって
生み出されたコピーロボット(羽阿鰻の世界に憧れ)により
現世では通常の生活をおくっているもようだ。
今のところ、大きなバグは起きていないようであるので安心だ。

●死悶氏の未来を見る!?
フリー報道カメラマンの死悶氏は、あるきっかけで、(写真を送られて来て)
霊界に足を踏み入れてしまい、彼の運命、未来は狂いはじめた。
その怪徴として、近いうちに妖怪「どぶおちろ」の探索に向かうはめになる。
彼の手元に届いた一枚の写真の影響の現れである。
その写真に写っていた、一人の女性が、彼の人生を狂わせている事も知らずに、
彼は無我夢中でその女性を探すのである。
彼もまた、好奇心という鬼に魂を掴まれた一人だということか・・・
利用される人間は、いつまでも無知でありたいものだ。

そう、彼はある組織に利用されているとはつゆ知らず、写真の謎を求めるのだ。
偶然を装った必然。
彼も、高足痢煙とおなじくして、このレールを歩き始めた人間だということ・・・

そして、どぶおちろとの遭遇・・・見てみたいものだ。

●通信販売
◇母牛妊愚娘 体望のシングル棺桶 発売!!
 タイトル『変態レボリューション47』
 お通夜のお供にどうですか?10人の乳牛たちが可愛く変態に歌って踊って握って。
 もう最高です!!即血ですよね。
 火葬中、爆乳頭耳で魂燃焼!!昇天!!文句無しのポックリ価格。 
 \魂1000日 今なら籠付き。
モーニング娘。「恋愛レボリューション」が元ネタです(笑)
「10人の乳牛たち」、当時は10人だったんですね。
でも、魂1000日分も引かれるの?
そして今なら付いてる「籠(カゴ)」とは、あのメンバーの事ですか?(笑)

 sinigami-shop@kyohumail.die.jp

よい人生を・・・
----------------------------------------------Mail †

という奇怪な文章が、死悶のカメラ。

そのファインダーに浮かび上がっていた・・・