鈎針婆の章 おろし!! #38 †鼓動†

--------------------------

『よーし。がんばるも〜ん。』

まるで、マルチーズのような笑みを浮べ、
深夜の街に出ようとしている女がいた。
女は案の定、酒気をおびていた。
案の定ってどういう事やねん(笑)
いつもより、酒量が多い。
足元はおぼつかない。
千鳥足だ。
女は、これから待ち合わせの場所へ向かおうとしていた。
約束の『彼の地』へ・・ある友を救うがために・・・赤神を呼び出した・・
こんな、夜更けに・・・ 酒野肴の魂は、今やこの現世には存在しない。
あの世に、存在する・・と思われる。
何もかも、この好奇心旺盛な女のせいである。

原因-
直接的な原因は無いにしろ、いつでも、肴を助けだすことはできた・・
あいにく、この女には機転というものがない。
失礼な!
あるものは、天性のボケと、尋常ならぬ好奇心である。
その好奇心のために、今回、彼女は、朋友、酒野肴の魂をみすみす、
あの世に置き去りにしてしまったのである。
この女は反省していた。
めずらしく・・・
この女は、落ち込んでいた。
めずらしく・・・
そのためか、大事にしていた携帯電話を落としてしまったようだ。
ただ単に・・酔っているせいかもしれないが・・
すみません。酔って携帯電話をタクシーに置き忘れたのは実話です(笑)
それが元ネタになってます。
タクシーの運転手さんが、忘れられた私の携帯に気付き、困っているであろう時、
ちょうど用事で電話して来たのがs嬢だったんですよ(笑)
s嬢も、私に電話したのに、知らないおっちゃんが出たのでびっくり。
その後、その運転手さんから携帯を受け取ってくれたs嬢と、
運んで来てくれた運転手さんのおかげで、その携帯は今だに私の手元にあります(笑)

『まだ、時間あるよね。携帯電話さがさなきゃ・・・連絡とれない・・』

女は、夜の片隅、溝、街路樹の下などを手探りでさがす。風が身にしみるこの季節。
深夜にもなれば、空気の冷え込みは尋常ではない。
夜風が、落ち葉を舞い上げ、埃をあげる。
高層の建物は、月光に照らされ、冷たくその存在を誇張する。

『あっ・・・ビニール袋が・・あんなに・・・高く・・・綺麗ね・・・』

月光に舞う白いビニールは、まるで小さなパラグライダーのように、
風の流れを直にうけ、ランダムな動きと速さで、天空に上昇する。
そう、この女の感想のとおり、
ゴミではあるが、綺麗なことには違いなかった。
まだ、時間はある。

『赤神と待ち合わせの場所までは、この道を下れば・・・』

植え込みの辺りを必死に探す。
手が、泥で汚れ始めた・・・
その姿を、先ほどから・・どぶおちろが見ている。
たくさんの首が、溝から出ている。
そんな事は、この女は知らない。
この女の肩越しにいる、どぶおちろもいる。
ヒソヒソと噂をはじめている物もいる。
そして、噂が広がりはじめている。
下水路をつたって、たくさんのどぶおちろが、耳から耳へ噂をはじめる。

『怪奇現象がはじまる・・・また・この女の周りで・・良くないことがおこる・・・
この女は知らない・・これから起る・・恐怖を・・・この女は知らない・・・
たくさんの人間が、この女の因果によって、巻き込まれることを・・・
おそろしや・・おそろしや・・・あな・・おそろしや・・・』

ゴゴゴゴゴ・・・・

この噂は下水の流れの音ともに、あっというまに、
ある老婆の元へ『噂』は伝わった。

『オババ・・・オババ・・』
『なんじゃ・・・鳩胸のポルポ・・』
『オババ・・・オババが気に入ってる、あの人間の噂が流れてますよ・・・』
『ん?御前、ワシの入浴中によく入れるな・・・じゃが・・かまわん。聞かせい・・・』
『はい・・・』

ちゃぽん・・・

 風呂桶の排水溝のゴムパッキンの隙間から、鳩胸のポルポと呼ばれた、
どぶおちろが姿をあらわした。
それは、とても気味の悪い情景だ。

 この風呂桶には御伽婆が入浴している。
そう、彼女の股の間・・・スペースに、この鳩胸のポルポが顔を出しているのだ。
注釈すると、ポルポは水中に顔がある状態でいる・・・
御伽婆は、見るからに、皺くちゃの婆妖怪である。
ポルポの方は初老のジェントルマン風といった、いでたちをしている。
 濡れたスーツ。
だが、水中なのに、ポマードで固められた髪は、
いっこうに乱れないでいる。
かのヒトラーのような、濃い顔、髭すらも湯でふやけてはいないのである。
 鳩胸のポルポは御伽婆に耳打ちをし、『噂』を御伽婆に伝えた。
御伽婆は話しを聞き終わると、何やら含み笑いを浮かべ、
湯舟から豪快にも外へでた。

ザザ・・ザ・・ン・・ン・・

湯が波立ち、流れ出た湯が洗面器を押し流しす。
 風呂場にカコーンと洗面器の音が響きわたり・・
湯煙とともに化け物たちの姿は消えた・・ 刻々と時は過ぎてゆく・・・
指先などが冷たく感覚を無くしてゆく・・・

 「あっ・・何?これ?紙コップに糸が繋がってるう〜おっかしい!!あはは!!」
痢煙は、汚れた手で紙コップを拾った・・

 その紙コップは汚れてはいるが、どこにでもある紙コップだった・・
子供が遊んだのだろうか?・・紙コップに糸が・・
その糸は、果てしなく続いているようにも見えた・・
痢煙は、その紙コップを後方に投げ捨てた。
紙コップは小さな音を立てて転がった・・
その時・・

「ヒソ・・ヒソ・・ヒソ・・ヒソ・・」

紙コップから・・人の話すような声が・・

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・耳鳴りがする・・

痢煙の体に何かが込み上げてくる・・
恐怖とともに・・痢煙の動きが止まった・・
ゆっくりと・・振り向く・・
恐る恐る振り向く・・・
長い美しい髪がくるっと舞う・・
丸い愛くるしい目が潤んでいる・・
ぷっくりとした唇に、髪がくっついている・・
ゴクリ・・・ツバを飲み込んだ・・
紙コップから・・人の声・・

どうしても・・気になるような・・囁くような声が・・
痢煙を誘う・・・
痢煙の白い手が再び・・紙コップに伸びる・・
声が聞きたい・・何を話しているのか・・
声が聞きたい・・誰なんだろう・・
声が聞きたい・・声が聞きたい
ああ・・声が聞きたい・・

触れてはならないものへ・・触れてしまうのか?・・

鼓動高鳴る夜は・・深まってゆく・・

----------------------------------------------Mail †
恐怖手紙
このメールを読むと寿命が100日縮まる。
そして癖になる・・・

●夢・・現実の魂・・
いつものように、UNDER†BELLYのワンピースを身にまとい、黄昏刻のカフェでたたずむ。

ここ何年間、夜になると意識がぶっとんでいるようだ。夜の記憶が、妙に希薄である・・
昼間になると、ようやく日常の生活に戻れたような・・気がする。
いつの日のからか・・私は、何か得体の知れない世界に足を踏み入れたようだ・・

毎日飲み続ける薬のせいで、頭は朦朧とし、決まって夜の記憶だけが薄い・・
まるで、夢をみているかのような、フワフワとした夢心地な気分である。
そう、どんなに恐ろしいと思った事も、なんだか、嘘、夢だあったかのような感覚におそわれる。
実際に起こった事、事実ですら、まるで、一夜の夢のようだ・・わたしが通っているとされている・・病院。
私の記憶には、うっすら残っているが、夜にだけ開院する、ゆうひ診療所。
わたしは、そこに通っているらしい・・

夢だと思った。だがしかし、目が覚めてみれば、枕元に、薬の袋。
ゆうひ診療書だけではない、妖しい病院に、わたしは、入院し、手術をしたという記憶がある・・
これが夢なら、いいが・・・

わたしの身体には、今もなお、魂が離れないように、しめ縄が施されている・・・
これは、現実なのだろうか・・本当は、わたしは・・すでに死んだのではないだろうか・・
私は植物人間で・・そのさめる事のない夢を見ているのか・・でも・・時は進んでいる・・
ちゃんと、刻んでいる・・
わたしは・・本当に・・痢煙なのだろうか・・・

そのような事を考えながらコーヒーを口にした・・少し熱かった・・・

わたしは・・・わたしは・・

■痛心販売

◇霊婦捨手餌刺怨 痛!! 新作ソフト続出!
 新感覚、転送装置を用いたゲームの紹介です。
 本体から、あなたを現実の『場所』に転送し、
 よりリアルなゲームをお楽しみできます。
 転送される場所は、ゲームソフトによって異なります。
 出た!また出た!「レイプステーション2」今回はどんなソフトなんでしょう・・・

◇デニムで工事 SUMMER (夏)
 夏だ!
 灼熱だ!
 そう!夏と言えば、チューブ!
 配管工事だ!
 そっちのチューブかい!(笑)
 テニス部に入ったが、ラケットがない!
 金がいる!バイトだ!
 しかし、バイトで入った工事会社が、超変態的組合!
 灼熱の太陽の下、厚手のデニム服を着る事が義務!
 汗を流すことをこよなく愛する組愛 デニム組!
 夏の炎天下、熱射病にならずに、無事、マイラケットを購入できるか!
 水分補給が命!しかも、校則でバイト禁止!見つかるな!
 汗がデルデル最強ゲーム!君も熱くなれ!!
 元ネタは「テニスの王子様」
 普通のテニスゲームなんじゃ・・

◇SD癌駄目 痔だね!ローション!!
 予想だにしなかった遭遇。
 アフロ・ゲイと、アブトロ・バッチーナ体位の出会い。
 かつての痔恩独立洗浄の因縁。2人の中に、吐く腸が舞う!
 赤い水洗が宇宙を駆る!君は時の涙を見た!
 元ネタは「SDガンダム」
 アフロ・ゲイって、アムロ・レイの事ですか(笑)
 アブトロ・バッチーナ体位は、クワトロ・バジーナ大尉の事でしょう(笑)

◇銅鑼 ゴン ウエスト そして伝説へ・・
 ゲームは簡単、ドラの合図に合わせて、お腹をひっこめるだけ!
 酒場で、酒をのみまくり、飯をくいまくり、そして、腹をひっこめる。
 食っては、ひっこめ。食っては、ひっこめ!
 やるしかねえ!(笑)大食いの称号目前・・そして伝説へ
 元ネタ「ドラゴンクエスト」ですね?
 またもや全然違うものになってます。

◇DVD(デッドビジュアルデンパ)
・亀論フェア
 カメロンフェア、「キャメロンフェア」
 ジェームズ・キャメロンの事ですね(笑)

◇ 新作 お民と寝たスリー
 奴が来る!人の妻を寝取りに!そう最愛の妻、お民を!
 家庭崩壊の危機!核戦争(受精)を舞台にした、スリリングアクション!
 妻の貞操は守れるか! 監督 自慰剥酢 亀論 
 元ネタは「ターミネーター3」
 お民と寝たって(笑)

◇新作 吐いた肉
 あの伝説の大型旅客船の沈没を舞台にした、ラブストーリー。
 甲板でのあのシーンは見もの・・見事に船酔いで吐いてくれます!
 そして・・感動のクライマックス!! 監督 自慰剥酢 亀論 
 これ「タイタニック」(爆笑)

よい人生を・・・

----------------------------------------------Mail †


つづく・・・