鈎針婆の章 おろし!! #59†糸電話の相手†

--------------------------

『ここです・・・』

小蛾葛が、赤神を見る。

赤神は、目を細めて、小蛾葛が立っている場所、
歩道を見た。

ここに痢煙・・が・・

何かを感じる・・妖力・・魔力・・を微かに感じた。

しかし、それは、信号蟲の"信号蟲フラッシュ"のせいかもしれない。

小蛾葛は、自分が何も出来なかった事を悔やんでいるようだ。
少し哀しそうな表情で、赤神を見ている。

赤神も、同じく、自分が何も出来なかった事を悔やんでいる。

しかし、今は考えているだけでは、何も解決はしない。

赤神は、しゃがんで、何か手がかりが落ちていないか探した。

しかし・・何もない。

何も、見つからない。

ただ、思い出すと腹が立つ、ビニール袋「ファミリーミート(家族肉)」が、
風に煽られ、駐輪中の自転車のタイヤに絡まっているだけだった。

『赤神様・・お怪我はもう・・』

小蛾葛は、沈黙が耐えられず、話しかける。

「ああ・・・」

と、赤神は、ただ一言だけ。

小蛾葛も、それを気にする事はない。

ただ少しだけ、胸がキュンとなった。


『赤神!』


深夜なのに大声で、イタチ太郎。
その後ろに、ゾロゾロと、空怪、鳥居爺(信号蟲)、小狐12匹(人間化)、
アントが、先ほど、赤神が通った鳥居から現れた。

目立つ・・・

アントだけでも十分に目立つというのに・・
しかし、なんだか下を向いている・・蹴られた腹が、まだ痛むのだろうか・・

「赤神、聞きましたよ。翁様から、今夜する事を。」

空怪は、奇々怪々をそっと、懐に仕舞う。

きっと、信号蟲を観察して、記録していたに違いない。

そう、赤神は思った。

「手伝いましょう。」

空怪は、嬉しそうに言った。

「なぜだ?」

赤神は、空怪の目を見る。

『祭りじゃよ・・』

鳥居爺は、信号蟲を抱きながら言った。
腕の中の信号蟲は、スヤスヤと眠っている。

「肴さんの魂を、この世に戻すのでしょう?」

空怪は、信号蟲の頬を指で撫でながら赤神を見る。

「ああ、今夜、反魂法を行うつもりだったが、一緒に行う痢煙さんが・・・」

赤神は、小蛾葛を見た。

小蛾葛は、うなずいた。

やはり、悔やんでいるのだろう。

「確かに、痢煙さんなら、わたしも、この場所で見た。」

空怪は、痢煙を見た情景を思い出す。

「皆の話を聞いて分かったのだが、痢煙さんは、あの時、鉤針婆と闘っていた。
そして、わたしは、鉤針婆の糸電話の糸に触れて、信号蟲の巣に入ったんだと思う。」

「糸は・・外れたかどうかが、問題だな。」

赤神は、拳をぎゅっと固めた。


『アレ?・・オカシイナア・・ハニー、ココニイタ?』

アントは、歩道橋で元気に遊んでいた痢煙と出会ったのだが、
それを話す事はしなかった。

皆が痢煙を見たのは、何時の事なんだろう・・

と、アントは、首をかしげていた。

『オイ、赤神っ!』

イタチ太郎が、せわしなく足下を走る。

赤神の眉間に、またシワがよる。

『オイ!赤神っ!さっきから呼んでるだろ!返事ぐらいしろよ』

「どうしました?イタチ太郎さん。」

空怪は、赤神の代わりに優しく答えた。

『だから、こっち来い!見つけたんだ。』

「何をです?」

『糸電話だよ!!』

イタチ太郎は、グイグイと、赤神のコートの裾を引っ張った。

全員が、イタチ太郎の後に付いていく。

すると、垣根の下に、紙コップが落ちていた。



ヒソヒソ・・
ヒソヒソ・・


「コロリの新製品が出たらしい・・・ガガガ」


ヒソヒソ・・
ヒソヒソ・・


「前の"見張り番"、失礼なやっちゃなあ。・・そんな事言いなさんな・チェッ・ガガガ」


ヒソヒソ・・
ヒソヒソ・・


「今日も暑かったやろ?へへ。そしたら、配線直してたら、ズラがな、へへ・・ガガガ」


ヒソヒソ・・

ヒソヒソ・・


「るとさくーん、そんな所で寝ないで・もう・ガガガ」


ヒソヒソ・・

ヒソヒソ・・



「これが・・・」

空怪は、目をキラキラさせながら、紙コップの形を描写した。

「鉤針婆の糸電話・・」

『赤神!』

得意げに、イタチ太郎が赤神を見た。

「なんだ」

赤神は、無愛想に返事をした。

『ケケ、貸しだな!・・ダンナア様の趣味、教えろよなっ!』

そう言って、イタチ太郎は、飛び跳ねて夜の街に消えていった・・・

赤神は、フッと笑い、
「プログレのCDだよ」と、ボソリと言った。

それを横目で見た空怪は、ニヤリと笑った。

「それで、どうするんだ?」

空怪は、紙コップの描写が終わったらしい。

「ああ・・・」

さて、どうする・・赤神は、考える。

痢煙が、もし、鉤針婆の餌食になっていれば、
恐怖手紙の号外が出るはずだ・・・
出ていない所を見ると、餌食になってはいない。
つまり、死んではいないと言うことだ。
では、途中で、針が外れたか?
いや、鉤針婆の針は、今まで外れた事がないと言われている。
では、今はまだ餌食になってはいないが、
痢煙は、鉤針婆のアジトにいる可能性が高い。
なら・・・


「では、わたしが・・・」

空怪は、キラキラした目で、赤神が結論を出す前に、
糸電話を取ろうとした。

赤神は、それを制し、言った。
「わたしが行く。お前たちは、フェスティバルゲートに向かってくれ。」

空怪は、少し残念そうに、
「わかった・・あのバカを連れて祭りに行くよ」

「そうしてくれ・・」

と、言いながら、赤神は、紙コップを拾い上げた。

「鳥居爺、小蛾葛、そしてみんな。」

赤神は、鳥居爺と小狐たちを見渡し、深く頭を下げた。

『きゃ〜赤神様!がんばって〜』
『倒せ!鉤針婆!』
『またね!』
『最高〜!』
と、赤神に抱きつく小狐たち。

『赤神様・・ご無事で・・』
と、囁く小蛾葛。

『愛じゃよ、愛。』
と、ニコニコしながら翁は頷いた。

アントの表情は、帽子のツバで見えない。
空怪は、ゴクリと唾を飲み込んだ。

赤神は、ゆっくりと、左耳に紙コップをあてた・・・


ギュゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ


『ふーーーーーーーーーーーーーーっくっ!!』

と、声が聞こえた瞬間、


赤神は、夜空に飛んでいた。



つづく・・・